すずき歯科医院ブログ > お知らせ > 新型コロナウイルスに対する「診療業務縮小」について

新型コロナウイルスに対する「診療業務縮小」について

新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の診療体制について

このたびの新型コロナウイルス(COVID-19)感染症でお亡くなりになった方々、ご遺族の皆さまに謹んで哀悼の意を表します。また、罹患されている方々、困難な状況におられる方々が一日も早く回復されますよう、心よりお祈り申し上げます。

すずき歯科医院では、これまで通常通りの日程で診療を行っておりましたが、先日、厚生労働省より「 歯科医療機関における新型コロナウイルスの感染拡大防止のための院内感染対策について(R2年4月6日付)の通達がございました。
4月7日には7都府県に国の緊急事態宣言が発令され、本県も不要不急の外出自粛要請が出されております。また、11日には伊勢崎市にある有料老人ホームでクラスターが発生しました。
それに伴い感染防止の観点から、患者様やその家族、また私たち歯科医師・歯科衛生士の医療スタッフやその家族の安全にも配慮することとし、5月6日まで『診療を縮小(緊急性のない治療や処置の延期、治療間隔の延長など)』させて頂くことにしました。(緊急性のある新・急患は対応致しますので、事前にお電話にてご連絡ください。)
一刻も早くこの事態が収束し、平穏な日々が戻る事を願いつつ、関係各位が力を合わせて乗り越えていきたいと思っておりますので、何卒ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

医療法人 弘誠会 すずき歯科医院
理事長 鈴木君弘

 

新型コロナウイルス対策について

当院では新型コロナウイルス対策として以下のことに取り組んでおります。

院内感染予防として、ふだんから行っている取り組み

(当院は、厚生労働省がH20年4月に定めた「歯科外来診療環境体制加算の施設基準」からH30年4月定めた「外来診療体制加算1の施設基準」「初診料の注1に係る施設基準」をすべてクリアしています)

  1. マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルの着用。
  2. グローブの患者さまごとの交換。同じ患者様でも不衛生時の際は随時交換、複数枚使用。
  3. 患者さま用のエプロン、コップ、トレーは使い捨て、患者さまごとに廃棄。
  4. 治療器具は、ドリル等のハンドピースを含め患者さまごとに交換し、消毒滅菌。
  5. 口腔外バキュームの使用。
  6. 診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
  7. スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。
  8. 水消毒システムによる、治療で使用する水の除菌。

    新型コロナウイルス対策として追加で行っている取り組み

  9. 玄関への消毒液の設置。
  10. 待合室に次亜塩素酸水噴霧器を設置
  11. 患者さまが手を触れぬよう、待合室・診察室へのドアの常時開放。
  12. 待合室ソファの消毒液による清拭。
  13. 待合室の雑誌、おもちゃ等の撤去。
  14. 待合室・診療室の常時換気。
  15. 来院患者様の体調の確認(問診票により)・検温。
  16. 当院スタッフの毎日の体調確認・検温。
  17. 受付に飛沫感染防止用透明シート設置。
歯科新型コロナ対策1
歯科新型コロナ対策2

copy right Suzuki Dental clinic


TOP